TOYOTA WISHに乗れない間の救世主

愛車・TOYOTA WISH(ZNE10G)が追突事故の被害に遭ったのが2017年1月下旬のこと。この事故のため,通勤手段であったTOYOTA WISHを使えなくなってしまった。

すでに事故から1か月が過ぎ,TOYOTA WISHも先日廃車にする手続きを済ませたところである。

今まで便利に使ってきたものが突然なくなってしまうことは大変困った状況を生む。しかし,今回それを多少緩和することができたのは,NISSAN MOCO(MG22S)の存在があったためである。

NISSAN MOCOは2015年に知人から譲り受ける形で所有することになった軽自動車である。

譲り受けたちょうどその頃,我が家ではクルマ不足に悩まされていた。我が家は全員が免許保持者であり,通勤などで使っていない時はTOYOTA WISHを分担して使用していたものの,その使用頻度が高くなっていき,クルマ不足に陥った。

それを解決すべく,まずはじめに手を打ったのがカーシェアリング。タイムズカープラスに契約をした。タイムズカープラスの契約方法などは後日,別記事にまとめたいが,いろんなクルマに乗れるという楽しみ,気兼ねなく使えるという便利さ,スマートフォンから簡単に予約ができる手軽さが相まって,度々利用していたが,シェアできる自動車が置いてある最寄りの駐車場まで自宅から1km離れているのがネックとなり,最終的にNISSAN MOCOに行き着いたのである。

我が家にやってきたNISSAN MOCOはなかなか世話の焼けるクルマで,あれやこれやと面倒をかけてくれているが,一方で我が家のクルマ不足を一挙に解決してくれている。

話が脱線してしまっているが,このNISSAN MOCOがあったおかげでTOYOTA WISHに乗ることのできない間,NISSAN MOCOで代用し,この間に新車の検討のためにディーラーやカー用品店を巡ることができ,予定よりも早く新車の契約をすることができた。

ちなみに,今回の新車契約の際には車庫証明の代行を断り,自身で警察署に出向き,手続きを行った。これもNISSAN MOCOを譲り受けたときの経験の賜である。

NISSAN MOCOに乗り始めて1年超。その間のあれやこれやの物語を追々紹介していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*