2022年03月20日にリニューアルしたことに伴い記事のURLが変更となりました。トップページより目的のページをお探しください。

私の中で2009年一番のオープンソースはWordPress

WordPress Paso-Lab.blog
この記事は約2分で読めます。

2009年も残すところ、あと20日を切った。今年も多くのオープンソースにお世話になった。さくらのレンタルサーバ がMySQL5系に対応したため、いろんなオープンソースに触れることができた。

その中でも、今年、一番のオープンソースだと思ったソフトウェアをあげたい。私が選んだ2009年一番のオープンソース・ソフトウェアはご存じの方も多いだろう、blogエンジンのWordPressだ。

数あるオープンソースのソフトウェアの中で、なぜ、WordPressを選んだのか。

それは、やはり、2.7.0のバージョンから取り入れられた自動アップグレード機能や、豊富なプラグインで、別途プログラムを用意せずに、拡張していけるので、WordPressを入れておくと、いろんなことができるので、非常に便利であるからである。

そのため、Paso-Lab.もそうだが、私が管理する、他のCMSやHTMLを書いて作成したサイトを、すべて、WordPressに統一しようとしている。

なぜ、統一させようとしているのか。

それは、他のCMSと比べ、メンテナンスが簡単であり、その目的に応じたプラグインを統一することで、ひとつのサイトでアップデートに気づいたら、アップデートしていくことができる。私のように、ほったらかしにすることが多いと、それぞれ、違ったCMSを使っている場合、プラグインの数が多ければ多いほど、新しいバージョンのリリースに気づきにくい。

プラグインの新しいバージョンに気づいたら、それぞれの管理画面にアクセスして、バージョンアップするようにしているため、それぞれのサイトの更新頻度も上がった。

こういった理由から、2009年に一番お世話になったオープンソースがWordPressであり、そして、一番、素晴らしく思ったオープンソースであった。

来年はどんな素晴らしいオープンソースに出会えるだろうか。来年は今年よりもどれだけ素晴らしいWordPressになるだろうか。来年も楽しみである。

タイトルとURLをコピーしました